• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

産業廃棄物収集・運搬業許可申請

image_bnr005

(1)産業廃棄物収集・運搬業とは

廃棄物とは、自ら利用できなくなったり、他人に有償で売却できないために不要となった、固形状又は液状のものを言います。

廃棄物は、「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に区分され、

一般廃棄物とは、産業廃棄物以外のゴミで、一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物(生ゴミ、不燃焼ゴミ、粗大ゴミ等)、事業所から排出される紙くずなどをいいます。

産業廃棄物は、工業、建設業、製造業、サービス業など全ての事業活動に伴って生じた産業廃棄物のうち、法律で定められた20種類のものをいいます。

(2)産業廃棄物収集運搬業の要件

産業廃棄物収集運搬業の許可を受けるには、下記に記載する5つの要件を満たす必要があります。

●欠格事由に該当しないこと

法人にあっては、役員、株主、個人の場合は、事業主が下記に該当する場合は許可を受けることができません。

・成年被後見人・被保佐人・破産者で復権を得ない者
・禁固以上の刑を受け、5年を経過していない者
・廃棄物処理法等の法律に違反し、罰金以上の刑の処罰を受け5年を経過しない者
・暴力団員の構成員である者

●運搬施設の要件

申請者は、産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬容器等の運搬施設を有すること。

また、継続的に運搬施設等の使用権限を有する必要があります。

●経理的基礎の要件

産業廃棄物の収集運搬業を的確かつ継続的に行うことができる経理的基礎を有していることが必要とされています。

●事業計画の要件

産業廃棄物収集運搬業の事業計画の要件については、その内容が計画的に実施され、適法であり、業務量に応じた施設や人員などの業務遂行体制を整えていることが必要となります。

●産業廃棄物収集運搬業許可申請に関する講習会を修了

申請者が、産業廃棄物の収集運搬業を的確に行うための知識及び能力が必要とされます。

(3)サポート料金

 

サポート料金

法定費用

合計(税抜)

新規許可申請
(個人)

148,000

91,000

219,000

新規許可申請
(法人)

178,000

91,000

269,000

更新許可申請
(個人)

78,000

83,000

161,000

更新許可申請
(法人)

98,000

83,000

181,000

変更許可申請
(個人)

30,000

変更によって

 

変更許可申請
(個人)

50,000

変更によって

 

※法定費用は、認証又は印紙代+用紙代,証明書類など(住民票など)の料金のことを指します。また、ご自身で申請される場合もかかってしまう費用になります。

※新規積替保管ありの場合は、別途見積

許可申請

当事務所では、幅広い許可申請業務をサポートさせて頂きます。
許可申請について、お客様から当事務所では以下のような声を頂いております。

・これから起業して、許可を取りたいのですが、注意点はありますか?
・現状で許可が取れるかどうか判断してもらえますか
・法人の設立に必要な書類にはどのようなものがありますか?
許可の変更届を出し忘れていました。どうしたらいいですか?
・法人成りをしたときは、個人事業のときの許可はどうなりますか?
・書類作成だけの依頼もできますか? 

お気軽にご相談下さい。
※行政書士業務については、田中誠一郎事務所で対応させていただきます。

初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606