• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

風俗営業許可申請

image_bnr010

(1)風俗営業とは

風俗営業とは、キャバクラやホストクラブ、ラウンジ、パチンコ店や麻雀店等の俗にいわれる「水商売」がここでいう風俗営業にあたります。

風俗営業を営むためには、公安委員会の許可が必要になり、無許可での営業には、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金(又は両方)の重い罰則が課せられます。

また、その後5年間、風俗営業許可を受けることができなくなってしまいます

風俗営業は、営業する内容により8つの種類に分類されます。

風俗営業の種類により許可要件も異なってきますので、まずは営もうとする風俗営業がどの種類に該当するのかを見極めておく必要があります。

(2)風俗営業の種類

風俗営業は、1~8号まであります。

1号営業

キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業

2号営業

待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

3号営業

ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業

4号営業

ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業

5号営業

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における照度を10ルクス以下として営むもの

6号営業

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの

7号営業

麻雀屋、パチンコ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

8号営業

スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの

当事務所では、お客様がやりたい営業方法が何にあたるのかを
しっかりヒアリングし、ご提案させて頂いた後に、許可申請を承っています。

(3)風俗営業の要件

風俗営業許可を得るためには、満たさなければならない要件(許可要件)があります。

風俗営業許可の許可要件は、大きく分けて「人的要件」「場所的要件」「構造的要件」3つの要件に分類されます。

これら全ての要件を満たしていなければ風俗営業許可を得ることはできません。

●人的要件

風俗営業許可の申請者や管理者に求められる要件です。

●場所的要件

風俗営業を営業するお店の場所に求められる要件です。

●構造的要件

風俗営業を営業するお店の中の構造や設備、内装に求められる要件です。

(4)サポート料金

 

サポート料金

法定費用

合計(税抜)

1号営業

148,000

27,900

175,900

2号営業

148,000

27,900

175,900

3号営業

148,000

27,900

175,900

4号営業

148,000

27,900

175,900

5号営業

148,000

27,900

175,900

6号営業

148,000

27,900

175,900

7号営業

148,000

27,900

175,900

8号営業

148,000

27,900

175,900

飲食業

58,000

43,900

101,900

※法定費用は、認証又は印紙代+用紙代などの料金のことを指します。
また、ご自身で申請される場合もかかってしまう費用になります。

※上記の法定費用は個人の場合です。
法人の場合は、上記の法定費用にプラスして謄本が必要ですので、1,000円高くなります。

許可申請

当事務所では、幅広い許可申請業務をサポートさせて頂きます。
許可申請について、お客様から当事務所では以下のような声を頂いております。

・これから起業して、許可を取りたいのですが、注意点はありますか?
・現状で許可が取れるかどうか判断してもらえますか
・法人の設立に必要な書類にはどのようなものがありますか?
許可の変更届を出し忘れていました。どうしたらいいですか?
・法人成りをしたときは、個人事業のときの許可はどうなりますか?
・書類作成だけの依頼もできますか? 

お気軽にご相談下さい。
※行政書士業務については、田中誠一郎事務所で対応させていただきます。

初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606