• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

古物許可申請

image_bnr004

(1)古物商とは

一度使用された物品や、新品でも使用のために取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。

古物の売買、交換する営業(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を得なければ営むことができません

古物営業を営むため、公安委員会から許可を受けた者を「古物商」といいます。

(2)古物商の種類

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

美術品類

衣類

時計・宝飾

自動車

自動二輪車及び
原動機付自転車

自転車類

写真機類

事務機器類

機械工具類

道具類

皮革・ゴム製品類

書籍

金券類

 

 

 

(3)古物商許可申請に必要な書類

古物商・古物商市場主許可申請書

住民票

身分証明書

登記事項証明書

誓約書

経歴書

登記簿謄本
(法人のみ)

定款の写し
(法人のみ)

市場規約、参集者名簿(古物市場主申請の場合)

 

 

 

(4)サポート料金

 

サポート料金

法定費用

合計(税抜)

個人向け

32,000

19,900

51,900

法人向け

76,000

20,900

96,900

※法定費用は、認証又は印紙代+用紙代などの料金のことを指します。
また、ご自身で申請される場合もかかってしまう費用になります。

許可申請

当事務所では、幅広い許可申請業務をサポートさせて頂きます。
許可申請について、お客様から当事務所では以下のような声を頂いております。

・これから起業して、許可を取りたいのですが、注意点はありますか?
・現状で許可が取れるかどうか判断してもらえますか
・法人の設立に必要な書類にはどのようなものがありますか?
許可の変更届を出し忘れていました。どうしたらいいですか?
・法人成りをしたときは、個人事業のときの許可はどうなりますか?
・書類作成だけの依頼もできますか? 

お気軽にご相談下さい。
※行政書士業務については、田中誠一郎事務所で対応させていただきます。

初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606