• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

労働保険の基礎知識

労働保険事務組合は、本来、事業主が行わなければならない、労働保険の事務処理を事業主の委託により、事業主に代わって行うことを認められた、厚生労働省の認可団体です。

弊組合は、社会保険労務士が主体となり運営いたしておりますので、業種限定のある事業協同組合などの組合とは異なり、業種にかかわらず委託する事が可能です。

労働保険事務組合の加入条件

 委託できる事業主は常用労働者の数が、下記にあげる人数以下の中小企業に限定されます。

金融・保険・不動産・小売業・・・50人以下
卸売・サービス業・・・100人以下
その他の事業・・・300人以下

委託事務の範囲

事務を委託する事業主は、下記にあげる労働保険の事務処理を委託することになります。

概算保険料、確定保険料その他労働保険料及び一般拠出金並びにこれに係る徴収金の申告・納付に関する事務

雇用保険の被保険者資格の取得及び喪失の届出、被保険者の転入及び転出の届出その他雇用保険の被保険者に関する届出等に関する事務

保険関係成立届、労災保険又は雇用保険の任意加入申請書、雇用保険の事業所設置届等の提出に関する事務

労災保険の特別加入の申請等に関する事務

その他労働保険についての申請、届出、報告等に関する事務

以上の全ての業務を委託することになりますので、一部の手続をご自身で行うなどの特例はありませんので、予めご了承下さい。

初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606