• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

建設業許可とは?

建設業を営もうとする者は個人、法人、元請、下請に関係なく、建設業法第3条の規定により、
すべて許可が必要になります。

但し少額な工事のみ請け負う場合、許可は必要ありません。

※建設業とは、元請、下請その他いかなる名義をもっているかを問わず、建設工事の完成を請け負うことを言います。

<”少額な工事”の基準>

①建築一式工事以外の建設工事(例:塗装工事、電気工事など)

工事請負金額が、1件あたり500万円未満(税込み)の工事

②建築一式工事の場合

工事請負金額が、1件あたり1,500万円未満(税込み)の工事

または請負代金に関係なく、延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事

※木造住宅とは主要構造部が木造であり延面積の1/2以上を居住用になっているものを言います。

ただし、建設業許可が必要ない工事の中でも、「解体工事業」など、一部については、他の法律により登録、許可が必要になりますのでご注意下さい

建設業許可申請

新潟県で建築業許可が必要な方

 サポート料金表

 

サポート料金

法定費用

合計(税抜)

新規申請

98,000円

90,000円

188,000円

更新

48,000円

50,000円

98,000円

業種追加

48,000円

50,000円

98,000円

※法定費用は、認証又は印紙代+用紙代などの料金のことを指します。

また、ご自身で申請される場合もかかってしまう費用になります。

初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606