• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

中小企業緊急雇用安定助成金受給事例

弊所において、一番早い時期での中小企業緊急雇用安定助成金の計画の提出。
長岡職安管内においても11番目という、報道等でこの助成金が取りざたされる前の
早い時期での申請でした。社長様、奥様に実施に至る経緯等をお聞きしました。

解雇はしたくない。会社も、従業員の生活も守らなければ!

「 休業はいつ頃から視野に?どの様な点に配慮しましたか? 」

 実際に不況の影響が出始めたのは11月頃でした。始めのうちは工場等の掃除でつないで

いたのですが、いよいよ整理整頓が完璧に行き届いてしまって(笑)。従業員達は仕事が
したいと言ってくるし、させることが無くて、ぶらぶらしている従業員を見るのが、非常に辛かったです。
ですが、解雇だけは考えませんでした。どの従業員も当工場においては熟練工です。
この業界、仕事が出始めれば急激に忙しくなりますから、即戦力となれるのは、やはり今いるこのメンバーだけです。ですから、休業をきっかけに、離れて行ってしまわぬよう、休業手当は通常賃金100%を約束しました。
それでも残業代が減ってしまって申し訳なく思っています。

 

教育訓練を積極的に実施。会社にも、従業員にもメリット!!

「 どのような休業計画で実施していますか? 」

 3つのグループに分けて週3日程度、順番に休業させています。

また、ただ休ませるだけでなく、教育訓練も積極的に織り交ぜて極力、会社には顔を出すような計画で進めています。休み過ぎて生活のリズムを崩さないように、いつ仕事が忙しくなっても体がついていくように、何よりも従業員の能力アップも図れますし、1人1日6,000円の加算があるのは会社としても嬉しいところです。
従業員も最近では、休んでいるよりも会社に出てくる方が嬉しいらしく、また、これを機に自分のやっている仕事に対して自信が持てるようになったという声も聞こえてきました。

実際に支払った休業・訓練手当に対し92%の助成を受けました。
 

「手続きは?助成額については?」

手続きについては、社労士法人パーソナルサポートさんに全てお任せしてあるので、

会社としては各月の休業ローテーションと教育訓練の内容を考えるだけ。
また、一番最初の実施前には従業員を前に説明会を開いていただきましたので大変助かりました。
やはり、経営者サイドからは言いづらい部分ですから。経費負担を最小限に抑えられるこの助成金があったからこそ、いち早く休業に踏み切ることができたと思います。国の政策には感謝しております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kinkyukoyo_1

自社設備で一貫生産。
独自の材質管理により高品質の製品
を提供します。

kinkyukoyo_2

  検査の様子

 
企業名  株式会社 小林
代表者  代表取締役 小林節子
所在地  新潟県長岡市宮下町
     字榎町420-5
業種    鋳物製造業
従業員数 28人

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606