• ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • セミナー実績
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 問い合わせ

中小企業人材能力発揮奨励金受給事例

1.助成金導入のきっかけを教えてください。

パーソナルサポートさんが定期訪問された際に会話の中で「何か設備投資の予定はありませんか?今なら助成金が貰えますが、いかがでしょうか。」という問いかけがきっかけでした。
 
 

2. 助成金を受給できた一番の要因は何だとお考えですか?

助成金の存在を知ったタイミングが良かったことだと思います。それは日頃からお話のできる関係性があったからだと思います。
 
 

3. 着手はいつ頃されたのですか?

助成金の存在を教えてもらったのは、08年の7月頃だと思います。その後のリーマンショックで、しばらく投資はできないだろうとの判断で、計画を一時停止していましたので、その後再開したのが09年の5月頃だったと思います。
 
 

4. 導入までに不安だったことはありましたか?

投資金額も2,625万円と大きいものでしたのでしたし、本当に助成金が支給されるのか多少の不安もありましたので、巨額の投資に踏み切っていいのか、躊躇したことを覚えています。
 
 

5. その不安はどのように解決しましたか?

実は、「助成金の制度が10年3月をもって廃止になります。」とのご案内をパーソナルサポートさんよりいただいて、駆け込みで申請を進めることに決めたのです。ですので、不安は解消しないままではありましたが、長期間に渡りお願いしていたこともあり、ここまで来たらと吹っ切れた思いもありました。
 
 

6. その後、実際に設備投資されたのはいつ頃だったのですか?

新潟県への改善計画の認定申請をしなければなりませんでしたので、10年度の申請を行うことにしました。設備投資は、認定を取得した10年7月に銀行から融資を受けて、行いました。
 
 

7. 受給までのご苦労はありましたか?

ハプニングはありましたね。この助成金は2名の採用が必要で、申請時点でその対象となる方が在職していなければならないという条件付きでした。つまり、対象者の退職が即座に、受給率の減額もしくは不支給につながるのです。
当初、対象者の予定で採用をした方が、入社まもなく交通事故を起こしまして、退職になったのです。慌てて後任を採用して事なきを得たのですが、危うく減額となるところでした。
 
 

8. トータルでいくら受給されたのですか?

全部で1,312万円です。設備投資額の半分が入金されましたので「驚いている」というのが正直な感想です。
 
 

9. 全てが入金されたのは、いつ頃ですか?

支給申請は2回に分けて行いました。助成額が多額なので、雑収入が一決算期に入金されないように、実は、決算を跨いで受給できるように申請期間内で調整をして支給にこぎつけたのです。第2期分が入金されたのは12年7月のことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企業名   匿名希望       
代表者   T 社長        
所在地   新潟県長岡市○○   
業種     紙器製造業       
従業員数   19人    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初回相談は無料でお受けしています。0120-517-606